アメリカ成長企業

将来面白いことになりそうなアメリカの成長企業を紹介します。

アメリカ成長株投資に興味のある方はこちらへ
アメリカ成長株(米国成長株)市場

アメリカ成長株市場の動き-2019-12-06

2019年12月6日の米国小型成長株インデックス(Russell 2000 Growth)は、1068.82で終わりました。一週間前に比べて、4.89ポイントの上昇(+0.46%)と前週比で横ばいでした。主要インデックスのNYダウ(前週末比...
消費者向けサービス

アメリカ成長株:リチア・モーターズ(Lithia Motors)オート・モールやウェブの活用、積極的なM&Aで、成長する自動車ディーラー

先進国は既に自動車の普及率が高く、さらにカーシェアにより一段と販売台数は伸び悩むと予想されています。また米国の自動車ディーラー業界は細分化されています。低成長で細分化されている市場なので、今後大手が弱小企業を買収することで寡占市場へ移っていくと予想されます。競争力のある大手は、低成長市場のなかで逆に高成長を目指しています。
ヘルスケア・バイオ

アメリカ成長株:ネオゲノミクス(NeoGenomics):がんの場所、種類、遺伝子変異等を調べる遺伝子検査を提供

がん検診は日々進化していますが、当社はがんの場所、種類、遺伝子変異等を調べる遺伝子検査を提供しています。遺伝子変異の情報から“より効果的でより副作用の小さい抗がん剤”を選択できる“オーダーメイド医療”につながることが期待されます。
アメリカ成長株(米国成長株)市場

アメリカ成長株市場の動き-2019-11-29

2019年11月29日の米国小型成長株インデックス(Russell 2000 Growth)は、1063.97で終わりました。一週間前に比べて、29.93ポイントの上昇(+2.89%)と大幅上昇となりました。主要インデックスのSP500(前...
一般消費財

アメリカ成長株:クロックス(Crocs):類似品との競争による低迷からの復活

2010年以降類似品に苦しんだ会社ですが、その後さらに商品の差別化を図り、イーコマースに注力したことで、復活を遂げています。
ヘルスケア・バイオ

アメリカ成長株:レアタ製薬(Reata Pharmaceuticals)様々な病気の原因となる炎症を抑えるNrf2活性化剤を研究開発

人体には炎症を抑える機能が元々備わっていて、必要に応じてこの機能を発動させる役割を果たしているのがNrf2というタンパク質です。Nrf2活性化剤は効き目がマイルドである分副作用が小さいという特徴を持っています。同社はNrf2活性化剤であるバルドキソロンメチルおよびオマベロキソロンを主軸に研究開発をしています。
アメリカ成長株(米国成長株)市場

アメリカ成長株市場の動き-2019-11-22

2019年11月22日の米国小型成長株インデックス(Russell 2000 Growth)は、1034.04で終わりました。一週間前に比べて、0.94ポイントの上昇(+0.09%)で、ほぼ横ばいとなりました。 主要インデックスのSP...
ヘルスケア・バイオ

アメリカ成長株:SIボーン(SI-BONE):腰痛の大きな原因の一つである仙腸関節痛のための、インプラントシステムを提供

仙腸関節(SIボーン)とは骨盤と背骨がつながる場所で、ここの靭帯が緩むと腰痛の30%の原因と言われる仙腸関節痛になります。同社は、整形外科向けに低侵襲(患者の負担の低い)手術用インプラントシステムを提供しています。
アメリカ成長株(米国成長株)市場

アメリカ成長株市場の動き-2019-11-15

2019年11月15日の米国小型成長株インデックス(Russell 2000 Growth)は、1033.10で終わりました。一週間前に比べて、4.89ポイントの上昇(+0.48%)となりました。 前週に引き続き、主要インデックスのS...
ヘルスケア・バイオ

アメリカ成長株:フリューダイム(Fluidigm Corp);ヒトゲノムの活用に欠かせない、シングルセル解析を開発

病気の原因を詳しく探る上で細胞一つ一つの状態を正確に分析できる技術である”シングルセル解析”は、非常に少ないサンプルを精度良く分析する技術です。同社は世界で初めてシングルセル解析を可能にした分析装置 ”Fluidigm C1”を開発しました。
タイトルとURLをコピーしました