アメリカ成長企業

将来面白いことになりそうなアメリカの成長企業を紹介します。

アメリカ成長株投資に興味のある方はこちらへ

アメリカ成長株: デッカーズ・アウトドア(Deckers Outdoor):フットウェアの製造・販売

一般消費財

アメリカ成長株: デッカーズ・アウトドア(Deckers Outdoor)の概要

デッカーズ・アウトドア
Deckers Outdoor Corp
ティッカーコード:DECK
上場市場:NYSE

業績についてのリンク
https://stocks.finance.yahoo.co.jp/us/annual/DECK

今回紹介するデッカーズ社は日本でも既に販売されている「アグ(UGG)」や「ホカ・オネオネ (Hoka One One)」を製造している会社です。日本語の商品ウェブサイトも開設されています。

UGG®(アグ)公式サイト
新作・限定商品発売中*送料無料|カリフォルニアの伝統やアイコニックなクラシックブーツで知られるグローバルファッションブランドUGG® (アグ)の日本公式サイトです。ハリウッドのセレブリティやファッションエディターに愛用され世界中に広がったUGG® (アグ)でのショッピングをお楽しみください。
HOKA®公式サイト|ホカオネオネ公式
HOKA®公式サイト 類を見ない厚さのミッドソールで、まるでマシュマロのような柔らかいクッショニングと軽さを感じられる、ロード、トレイルに最適な革新的ランニングシューズ・ブランドです。ホカオネオネ公式

この2つ以外にも クーラブラ(Koolaburra:ブーツ)、テバ(Teva:アウトドアシューズ), サヌーク(Sanuk:ビーチサンダル)等の幅広いフット・ウェア・ブランドを持っています。

この手の消費財の場合、商品自体があたるかどうか?に業績は依存しているため、その商品の売れ行き自体追えば「現状」はわかります。しかし、将来性となった場合、この会社の基本的な体質を評価することが必要です。デッカーズ社の体質は「面白そうなブランドを積極的に購入する」というものです。

この体質は、創業者の性格が影響しているのかもしれません。
デッカーズ社の創業者はKarl Lopker氏とDoug Otto氏です。ともにカリフォルニア大学サンタバーバラを1973年に卒業した「同窓生」で、Karl Lopker氏は電子工学部、Doug Otto氏はビジネス経済学部を出ています。

Karl Lopker氏は、「電子工学部」を卒業したいもかかわらず、何故か「ビーチサンダル」を製造・販売する仕事を始めました。そしてビーチサンダルを、フェア等で(固定のお店を持たずに)売っていたのです。(しかし、もともとが電子工学部出身なので、その後消費財(デッカーズ)をやめて、ITに転身し、QADを創業。この会社もIPOしたという、多才なビジネスマンです。)

その後Lopker氏は大学同期のOtto氏を組んで現在のデッカーズ社を創設しました。彼らの面白いところは、(電子工学部と経済学部の出身だからなのか?)ブランドは自分で作らない、というところです。売れそうなブランドを買収・購入し、「製造・販売・マーケッティング」(広義のマーケティング)に特化した会社にしたことです。

もともとはサンダルだけだったのですが、その後アグ、サヌーク、ホカ、クーラブラと立て続けにブランドを購入しています。主力のアグ(会社全外売上の約7割)は1995年に、ホカ(約2割)は2012年に購入したブランドです。

もちろん、他の消費財と同じく、ネット販売やDXによる経営効率化は進めています。既にネットを中心として直接販売は売り上げ全体の35%になっています。また、米国外への展開も積極的で、現在80か国を超える地域に展開し、売上高の34%は米国以外となっています。

しかし、「IT化や国際化」はどの消費財メーカーでもやっていることです。この会社の一番の特徴「売れそうなブランドを見極める力」なのでは、と思っています。「売れそうなブランドを購入する」という戦略で成長する企業です。

会社ウェブサイト
https://ir.deckers.com/ir-home/

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました